Hybrid Rocket Project 機体班

 機体班は、主にロケットの機体の設計・製作を行います。

 概念設計では「OpenRocket」、詳細設計では「SOLIDWORKS」(3DCAD)等のソフトを使用し、ロケットの機体を設計しています。

2020年度設計の機体諸元

機体全長1800 mm
重量(乾燥重量)8.4 kg
直径136 mm
重心(乾燥重量)1250 mm
圧力中心1460 mm

※ 重心・圧力中心はノーズの先端からの距離

シミュレーションソフト「OpenRocket」を使用して設計した2020年度機体

3DCADソフトを使用して、機体コンポーネントの強度計算を行うこともあります。

3DCADソフト「Fusion360」を使用してカプラーの強度計算をする様子

設計・製作するもの

  • ノーズコーン
  • ボディーチューブ
  • カプラー
  • バルクヘッド
  • エンジンブロック
  • 静安定翼
  • ランチラグ

使用する材料

  • スタイロフォーム
  • GFRP
  • CFRP
  • エポキシ樹脂
  • アクリル
  • アルミ合金

学べるもの

  • 工作機械の使い方
  • ロケットの構造設計の基礎
  • FRPに関する基礎知識
  • 材料力学
  • CADの使い方

おすすめ

  • 構造に興味がある人
  • ものを作りたい人
  • ロケット作りたい人